若宮正子さんのキックオフセミナーを受講して

受講後の感想1
  1. ホーム
  2. 受講後の感想
  3. 若宮正子さんのキックオフセミナーを受講して

参加者のみなさまからの、受講後にたくさんの感想をいただきました。「明日、いや今この瞬間、なにかにチャレンジしてみたい!!」というみなさんの意気込みがどーんと胸に飛び込んでくるようなコメントばかりでした。

みなさんの熱い思い、若宮さんに運営本部からお届けしておきますね。

本当にたくさんのご意見・ご感想ありがとうございました。

それでは、メッセージを読むだけで若宮さんのお声や様子が浮かんでくる「受講者の声」をどうぞたっぷりご覧ください♪

 

キックオフセミナーで、学んだことや感じたこと

 

  • 勉強は楽しいもの

 

  • やはり 好奇心や向上心が原動力の方は、幾つになられても若々しく『生』を楽しんでいらっしゃるな という印象を受けた。私も億劫さに負けることもあるが、好奇心と向上心を忘れず歳を重ねていきたい。そしていずれ、その楽しみが社会への貢献へと繋がれば最高に幸せだなあと思った。

 

  • DX、ITと聞くと技術のことばかりが先に浮かんで、自分にはとても難しいものと感じていたのですが、デジタル技術を活用するためには、日々のアナログな活動により身につく叡智や智慧が基本となるのだと教えていただけて、背中を押してもらったような気になりました。常に勉強・挑戦、という若宮さんの姿勢に大変刺激をうけました。

 

  • 若宮さんの「常識やマニュアルにとらわれずに始められたことがよかった」という言葉は印象に残りました。常識や周りのしがらみにとらわれず自分のやりたいことを自分に合った方法で常に実現していく若宮さんの姿に大変刺激を受けました。私も周りの方の力を借りながら自分のやりたいと思ったことはどんどん挑戦していきたいと思いました。

 

  • 考えていることがあれば今動くことを強く感じました

 

  • いくつになっても挑戦して学んでいくことの大切さ

 

  • セミナーで休憩無しでお話をされ、年齢を感じさせない若宮さんのパワーを感じました。世界に目が向いていて、デンマークのペーパーレス社会の実現のお話や、シニアの方にDX化を取り入れ、定着させるための方法のお話。自分自身がデザインしたExcelアートのシャツや、たくさんの方々と話す機会を持たれている→脳の活性化になる。遊ぶ・楽しいことをする・今できることをたくさんする(ハッシュタグ型人間)→仕事になっていく等、たくさんの人生を有意義に過ごす為のヒントをいただいたような気がします。

 

  • 何歳になっても学び続けていたいし、新しい事にチャレンジしたいと思いました。

 

  • DXを難しく考えていましたが、少しわかったような気がしました。高齢者にネットでの手続きが進まなくて諦めていましたがヒントをいただけたので忘れないうちに言葉にして提案したいです。

 

  • 思い立ったらすぐやる。

 

  • 私もそんな生き方がしたいなー。若宮さんのチャーミングでいて情熱あふれる講演は、豊かに生きるヒントがたくさんありました。常識やマニュアルにとらわれないことがDXの始まりなんですね。ありがとうございました!

 

  • いくつになってもチャレンジする気持ちが大切

 

  • 挑戦への意志の強さが大事だと感じました。本講座に申し込みたい気持ちはありますが、育児が一旦落ち着いてから(預けられる環境になってから)、改め受講したいと思いました。

 

  • キックオフセミナーに参加し、若宮さんは想像以上に活動的でパワフルで驚きました。遠くの能力の高い方が遠くで活動、ご活躍されているという思いでお聞きしてましたら、熱中教室が徳島の上板にもあると知り、身近なところでも活動があり、とても嬉しい気持ちになりました。デンマークの様子を伺うと、素晴らしいと思うともに日本では当事者意識が高くないのではないかとの意見で、少しでもチャンスがあるなら勇気を出して学んでみたいと思いました。

 

  • 孤独が問題になっている昨今、87歳で独居老人だという若宮さんが、全く寂しくないとおっしゃっていることに、大変感銘を受けました。私自身、40代を病気療養で過ごし、社会と断絶状態になり、孤独の辛さと、病気でどうにもこうにも動けない悔しさ、色んな事を諦め、飲み込んできました。しかしコロナ禍になり、オンラインで色々な事に参加出来るようになり、私にとって、大きなチャンスが巡ってきました。今はオンラインで資格取得目指して同じ目標を持つ方々や先生と話す機会を持てていますし、ギターのレッスンも受けています。たとえ健康であったとしても、なかなか徳島県から出られず、また公共交通機関の事情により車でないと動けない、このような状況において、特に高齢者と病気の人は身動きが取れなくなり、必然的に孤独になっていきます。徳島て暮らしていく上で、誰にでも訪れる老いとどう向き合い、生活を改善していくかにおいては、喫緊に取り組んでいかなければならない課題だと強く感じています。若宮さんのような87才になりたい方はたくさんいると思います。これからは、ITを通して人と繋がり、やりたい事を叶えていけるように、徳島県民でアイディアを出し合うことが必要だと感じました。

 

  • 著書の「独学のススメ」も読みましたが、想像通り常に新しい情報をキャッチしながら、前向きに興味のあることにチャレンジし続ける姿勢に励まされました。

 

  • I T技術は苦手でも、少しずつ馴染んでいけば良いのかなと思いました。

 

  • 何歳になってもチャレンジし、ないなら自分でつくれば良いという若宮さんの考えや行動力がすごいと思いました。また、デンマークやエストニアと日本の違いについて学びこんなにも差があるのかと驚きました。目に見えないから怖いと諦めるのではなく、勉強して見えないものも怖がらない人生を送りたいと思いました。

 

  • デンマークのお話でペーパーレスをしてるなど国によってちがうことを感じました。

 

  • 若宮さんの何歳になっても即行動でチャレンジする冒険心に感動しました。私もまたまだ頑張ります!!

 

  • ITに関することは苦手意識があります。今回の若宮さんの講演を聞かせていただいて、高齢者こそITを活用できるようになったほうがいいと感じました。また、世界のIT事情なども聞けて面白かったです。何よりも若宮さんのパワフルさや好奇心旺盛さに圧倒されました。自分も今後、興味のあることを調べたり行動して自分の身につくようにしたいと思いました。

 

  • 人生100年時代!とはよく耳にしますが、若宮さんの言葉でお聞きすると、実感が湧きました。そして、子の時は子の時しかできない事を。勉強は一生続けましょう!と若宮さんの歳になっても、まだまだ学ばれている事が素晴らしく、私自身も子供たちにも色んな学びや体験をしてきたいと感じました。

 

  • 只々、若宮正子さんの行動に感動致しました。時代も国も周りの人も違う中で行動されていました。まさに環境の変化に対応して生きて来られた方だなぁと思いました。

※アンケートで「受講後の感想などの掲載に協力できます」を選んでくださった方の感想を掲載しています

 

 

学ぶから、今日が変わる、明日が変わる

ノンストップで2時間ちかく話してくださった若宮さんの講義は濃密で濃厚でした。

若宮さんの生き方はもちろん、実際に見て、聞いて、そして感じてこられたたくさんの情報が情熱とともに画面を通して飛び込んできました。

TFAーDXでは、環境や立場、職種など異なる受講生が集まります。

そのため、「響いた部分」というのはそれぞれ異なったはず。

でもただひとつ、学び、挑戦し続けることのすばらしさは、全員が共通して受け取ったものになりました。

講義を終えたあの瞬間のきらきらした気持ちを、わたしたち一人ひとりが持ち続けることが「DXへの一歩」なのですね。

 

TFAーDXを継続して受講されるみなさん、

そして受講はしなくてもそれぞれの場所で輝かれるみなさんが、

これからますます 「  #  ~ハッシュタグ ~」をたくさん増やしてご活躍されることを応援しています。

TFA-DX2022 運営本部/株式会社C Landmark